.

受領した明細レシート保有する必要はないのか。結果についてお伝えすると保有する義務は特にないというのが答えです。保存していることによって個々人が内容を保管したいと考える場合は持っていればいいのだろうし、逆に言うとそれらの履歴は無くても問題ないのであれば残す理由はないのです。とはいえ月々郵送されてくる使用明細書との確認作業をする時には絶対このレシートが不可欠なのです。それまでは最低限保管しないと、どの場所でどれだけ利用したのか?が定かでなくなるだけではなく、誤請求の他ダブりに関する照合も不可能になるため気をつけなければなりません。おそらくクレカを利用した額については利用レシートを保存していない限りは記憶できません。できれば利用履歴が送付される1〜2ヶ月前後はしっかり明細レシートを所持するようにしたいものである。クレカのレシート処分法)クレカのレシート廃棄のやり方は至ってシンプルなのです。不正な使用をされないようできるだけ細かく切って廃棄するだけです。自宅用裁断機などが使えるのであれば利用するほうが良いでしょう。使用履歴を証明する明細レシートなのであるから、クレジットナンバーなど、個人情報について特定されてしまう情報がたくさん入っているのです。ただの明細レシートと油断せず破棄は気を抜かずに行うべきです。尚、今では安全対策の意味で明細レシートにクレジット番号等の機密の情報が表記されない場合も出てきているようだが、信用しすぎは禁物です。

Copyright (c) 2000 www.linghant.com All Rights Reserved.