.

ローンした際、支払う時には利率を上乗せした払いになるのは知っているはずです。

金融会社は経営の利益を目的とした会社なのですから当たり前です。

ですがお金を支払う方は、わすかでも少なく支払いたいとよぎるのが本当の気持ちでしょう。

利息制限法が施行される前は年間30%近い利子を支払わされてましたが、設けられてからは高金利でも年率18%位とかなり低く定められていますので、相当お得になったようです。

この頃のキャッシングの金利の枠は4%位から18%位の範囲に決められていて、利用限度額により設定されます。

利用限度額は申込み本人の信用度によって決定されます。

総量制限により収入の1/3までと定められていますので、一年の収入がどの程度なのか?どういった職業についているのか?カードの使用状況はどうなのか?いろいろ審査され与信額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。

カードキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各会社で内容は変わります)と広い範囲があります。

こうしてその範囲の中で決められた使用可能額により利子も決まってしまいます。

50万円なら18%、300万円なら年率12%、800万円なら4%といった具合になるのです。

いわば、信用が高ければ、貸付可能金額も高くなり、利率も下がるというわけです。

この利息に違和感を受けるのは私だけでしょうか?余談となりますが、カード業者にとって、これらは無論問題がない事なのかもしれませんが、収入の高額な人がキャッシングローンが不可欠と考えずらいですし、万が一ローンサービスを利用した場合でも利息が多かろうが少なかろうが返済に苦労する事はないはずです。

むしろ一年の収入の少ない人は直ちに必要だから融資を受けるという人が大抵です。

利息が高いとお金の支払いに困るようになるはずです。

ですので使用可能範囲の良くない人こそ低利息で活用できるようにするべきなのではないでしょうか。

これは利用する視点からの考えです。

この事を考慮すると、利率を良くする為にはどうしたら良いのか、何となく理解したはずです。

実際、これから書く方法で、申し込む人がほとんどなので知らせますと、クレジットカードの申し込みをする際、年の収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申し込むのです。

年収600万円なら200万円。

そのキャッシング審査で全金額通ればその分利率が良いクレジットカードを手に入れることができるのです。

とは言っても全額使わなければならないわけではありません。

5万円でも20万円でも必要な金額だけ使用可能です。

さらに利用限度可能金額が300万円で最低利息7%位のローン業者もあります。

その金融会社に申し込めばその金融会社の最低金利で受ける事ができます。

どうですか?考え方を変えるだけで低利子のカードローンを手に入れることが出来るようになります。

自身の一年の収入とローン会社の設定を並べて、調査に時間を割けば、より満足できる状況で返済ができるので、しっかり調べるようにしましょう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.linghant.com All Rights Reserved.